ビバ!ポルトガル!!

レストランやショップリスト、ポルトガル料理のレシピなど。 リスボンでの生活のこと、コツコツ書いています。

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国人はケチ。

リスボンの街を歩いていると、しょっちゅう物乞いしている人に出遭う。
駅のホームの階段の、ど真ん中に座ってお金をせびってるおばさんとか、「私はエイズです。」系の看板をぶら下げて、歩いてる人とか・・・。

まぁ、こういう人にお金をあげる人って、あんまし見たことないのだけど、私の姑は、99%の確立で、いつもお金を恵んであげる。
財布に小銭がなかったら、わざわざカフェでコーヒー飲んで、小銭を作ってまでして、恵んであげていた。

そこまでしてやる価値ねぇよ。

と、私は、いーーーっつも思う。
だけど、私の姑は、「まぁ、いいじゃない。」って言う人。
お義父さんも、いつも呆れている。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| むかつくポルトガル | 16:57 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

携帯用★ドース・ドゥ・レイテ

以前、ブラジル人の同僚にもらったもの。
Doce de Leite(ドース・ドゥ・レイテ)
携帯用★激甘ミルクキャラメル。

20061107162647.jpg

ブラジルから送ってきてくれた「ふるさと便」の一品らしい。
もらったはいいが、どうやって食べよう・・・と悩んでいる間に、賞味期限が切れてしまったので、そろそろ勇気を振り絞って食べなければならない。

小さな袋にパンパンに詰められたミルクキャラメル。
袋の角を歯で噛み切って、チュウチュウ吸うのだろうけど、一気飲みするのは、さすがにきついので、やっぱり、開ける勇気がない。

「いつでもどこでも食べられるように」開発された商品(?)、そして、遠いブラジルから、我が子を想い、はるばるやってきたミルクキャラメル。

忙しく働いている私の横で、嬉しそうにチュウチュウやっている同僚を見ていると、更にストレスが募るのだ。
banner_03.gif

| 日常生活 | 16:52 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月