ビバ!ポルトガル!!

レストランやショップリスト、ポルトガル料理のレシピなど。 リスボンでの生活のこと、コツコツ書いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Festa dos Tabuleiros (タブレイロスの祭り)

mapatomar.jpg先週末行われたポルトガル最大の祭り、Festa dos Tabuleiros (タブレイロスの祭り)006-001.gif

直訳すると、 盆祭り~

首都リスボンから、車で2時間半位のところにある、Tomar(トマール)という街で、4年に1度だけ開催されるお祭りです。

この街、普段は観光客も少なく、ひっそりした小さな街なんですが、祭りの期間中は、国内はもちろん、近隣諸国からも沢山の観光客がやってくるので、街は、えらいことになってしまいます・・・


人、人、人、、、orz_02.gif

20070710040438.jpg

街中、どこへ行っても、人、人、人、、、、orz_02.giforz_02.gif

20070710040448.jpg

レストランも、カフェも、お店も、どこへ行っても人、人、人、、、、
普段なら、クソまずくて誰も行かないようなレストランも、この日ばかりは、大繁盛~。

20070710040511.jpg

街の大通りは、屋台が所狭しと立ち並び、

この巨大パン、フワフワでほんのり甘く、激ウマです~~。

20070710035639.jpg

大通りはもちろん、入り組んだ小さな路地まで、色とりどりの造花で飾られ、4年に1回の大祭りは、気合の入った地元の人たちのおかげで、かなり盛り上がります。

一番気合の入った通りには、 街から賞が送られるとか。。。

Img048.jpg

20070710033434.jpg

20070710033504.jpg

20070710044749.jpg


このお祭りは、約1週間かけていろんな催し物が行われるんですが、メインは最終日(日曜日)のパレード。

何百人もの女性が、お盆に載せられた30個ほどのパンを頭に乗っけて街中を歩くというもの。
みんな笑顔で歩いていますが、このパンを乗っけたお盆、実は20キロ以上・・・

20070710045400.jpg

1人づつ男性(実は旦那だったり、恋人だったりする)が付いていて、時々助けてあげたり、汗を拭いてあげたりします。

20070710045432.jpg

この炎天下の中、街中をパレードするのは、かなりの体力がいるんですが、中には、70歳は超えているであろうおばあちゃんまで、このお盆を頭にのせて歩いています。。

20070710045456.jpg

そして、このお盆、パレードの直前まで、街の広場(庭園?)で、一般公開されています。
入場料1.50ユーロ。

地区ごとに色とりどりのお盆(タブレイロ)が作られ、一番綺麗なお盆を作った地区には、市から賞が送られるらしいです。

Img040.jpg


そして、この女性達のパレードの後には、牛が続きます。
ちなみに、この映像の中で、どさくさにまぎれて、牛のお尻をさわりながら彼らに話しかけているのは、私の義父です(爆)。




また、このお祭りは、昔、街にある修道院で、貧しい人達にパンやワインが配られたことが起源らしく、パレードの翌日、このパンは、各教会に配られるとか。

このお祭り、見る価値十分ありますが、ホテルは、ここぞとばかし跳ね上がり、お昼のレストランにはありつけず、パレードでの場所取りに炎天下の中、ひたすら我慢・・・
体力&気力共に、かなり消費しますが、それでも行ってみたい方、次回は2011年開催です。

banner_03.gif















トマール 旅行記ランキング 参加中










スポンサーサイト

| ポルトガル国内旅行 | 03:07 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご無沙汰です。覚えていらっしゃるかどうか、ISEG修了したのりこッす。
私もこのお祭り行きましたが、写真の屋台に出会いませんでした!パレードの通りより1.5キロは離れた道端に車を止め、その間チュロス屋とビール屋しかあらわれず・・
先の中心に近い通りを目指すも、カフェしかない・・水クレッ 救急車はバリバリ出動し、周囲の年配たちは「もう帰る!」となかなか始まらないパレード(休憩も必要じゃろう)にキレ始め。。セッカチ度アップな様子が見応えありました。彼は「もう来ない」そうです。あらら
ところで、あのパン串刺しの台、どうして女性が担い役なのですか?スーパーのカートを押す役が私で、品選びは彼の現実を描かずにはいられなかったッス。

| norix | 2007/07/13 00:05 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。夏だ!祭りだ!お祭りシリーズだ!
パンを頭にのっけた女性群の写真、すごい見ごたえが
ありました。パンとお花のアレンジもいいもんですね。
また面白いお祭りルポ楽しみにしてますね~

| kanabun | 2007/07/18 22:11 | URL | ≫ EDIT

久しぶり~。
このお祭り、何かすごいねぇ!
祇園祭を彷彿とさせる人ごみ状態やな。
この人ごみに負けずに行ってきたかしょりーにゃさんを尊敬します!(爆)
(私はムリかも・・・人ごみが・・・)
何も知らなかったら、なぜわざわざこんなに重たいものを頭に乗っけて・・・って不思議に思うけど、日本のお祭りも外国から見たら不思議なのかな。

| SH | 2007/07/21 20:37 | URL | ≫ EDIT

norix さん

norix さん、お久しぶりです。
norix さんも、行かれたんですね。
私は、まさに街の中心部にいましたが、観光客らしき、日本人3人ほど見かけました。
まぁ、私も観光客ですが・・
私は、朝7時頃にトマール入り、修道院の駐車場(空き地?)に車スペースを確保し、家族総出で、トマール観光張り切りましたよ(笑)。
もう、二度と行くことはないと思いますが。。。

私もスーパーカート押しですけどね。。。
あれは、きっと修道院の女性達が、貧しい人にパンを配ったことが由来して、女の役目になったとおもうんですけど、真相は不明です。。。

いやぁ、それにしても、80歳くらいのばぁさんまで、担いでいましたよ。
彼女の旦那さんは、相当尻にひかれていると見ましたね。


| カショリーニャ | 2007/08/13 18:09 | URL | ≫ EDIT

kanabunさんへ

いやぁ、疲れました・・・
もう2度といきませんね、きっと(爆)。
普段、やる気のないポル人も、こういうときだけは張り切りますねぇ。。。
パレード、目の前で見たんですが、かなり迫力ありましたよ。
牛が出てきたときは、いきなり暴れだすんじゃないかと、カメラ片手に、逃げる準備態勢も万全だったんですけどね(笑)。

| カショリーニャ | 2007/08/13 18:13 | URL | ≫ EDIT

SHさんへ

頼まれても絶対行かないね、次回は。。。
それにしても、こういうときは、普段絶対行かないような小汚いレストランも、大繁盛だったよ。
この日だけで、2か月分の利益はもうけたと見たね。

| カショリーニャ | 2007/08/13 18:16 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

以前から、ちょくちょく拝見しております。
ポルトガルは一昨年の冬に訪れ、とても気に入ったところです。
トマールにも行ったのですが、こちらの写真を見てびっくり。これがあの街と同じとは到底思えません・・・
こんなに派手になるんですね~ 

| kabo | 2007/08/25 23:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://portugaljapan.blog65.fc2.com/tb.php/139-ee436154

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT